コンテンツへスキップ

ダイビング経験者だったら沖縄でのダイビングは、憧れという方が多いと思うのですが、私もその一人でした。

ダイビングの醍醐味は、その透明度だと思うのですが、私がいつも潜っていた海は、やや透明度が悪くて冬になると透明度が高くなるので主に冬のダイビングをしていました。

でも、ドライスーツという洋服のまま潜れるスーツを着ても、物凄く寒くて海から上がった後の寒さとの戦いでした。それでも、海の中は、透き通りとても静かで綺麗で癒しの時間でした。

本州でしか潜った事がなくて、いつか沖縄の海で潜りたいと思っていました。ダイバーにとって沖縄の海は、憧れです。夢の為にお金を貯めていよいよ行ける時が来ました。

ダイビングショップで申し込みをした時は、とてもわくわくしました。沖縄に到着して高速船で島まで行った時は、その海の色にビックリしました。

テレビや映画では見たことがあった海の色ですが、肉眼でみるとまったく違っていてただただ綺麗としか言えずこれからのダイビングに期待が高まりました。何という名前か分からないよな色でした。

私が沖縄でダイビングをしたのは、慶良間諸島の中の一つの島で砂の色も物凄く白くてさらさらしていてうちの近所の海とは大違いで同じ日本とは思えませんでした。

私は当時、始めたばかりの初心者でダイビング本数は、50本未満でアドバンスドまで取っていたものの実践が伴っていなくてとても緊張しました。

しかも、ボートダイビングは、あまり経験がありません。船酔いの心配もありました。

でも、実際は、その心配はなく、インストラクターの人たちが手厚くサポートしてくださり無事楽しむことが出来ました。

沖縄の海は、関東の海とは大違いで本当に言葉が出ない程美しい景色が広がっていて上を向いても下を向いても横を向いてもどこもかしこも綺麗で涙が出ました。

慶良間では、スキューバでなく、浅瀬のシュノーケルでも充分楽しめるのですが、やはり潜ると全然違いました。

魚がカラフルで本当に見たことのない種類が沢山いて、魚にはあまり興味がないのですが、とても楽しめました。

あまりにも沖縄ダイビングが楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。どうしても、あの海が忘れられないのと、もっと深いポイントも楽しめるように更なる資格も取得したくなりました。慶良間には、沢山のポイントがあるので何度訪れても楽しめそうです。

沖縄で潜ってダイビングの魅力に更に取りつかれました。凄くおすすめです。

ダイビングは以前から興味があったので、色々と探してみると沖縄でダイビング体験することができるとわかり、早速ウェブサイトから申し込みをしてみました。

子供も高校生になるので、親子3人でダイビング体験をすることにしたので、けっこう子供も盛り上がっていました。3泊4日の沖縄旅行を計画し、那覇空港に着いたら近くでレンタカーを借りて沖縄本当を車で旅するようにしました。

万座毛なども観光しながら、北谷米の海水浴場なども満喫しつつ、美ら海水族館などへ行き、とても観光地巡りと海を堪能しました。ダイビングでは、青の洞窟でダイビング体験する予定を立てていたので、朝早くから現地へ向かいましたが、やはり人気スポットなので早めに行って良かったです。

昼過ぎに行く場合、かなり駐車場も渋滞になるのでやはり朝早くの予定を入れてダイビングを行って良かったと実感しています。

ダイビングは家族3人未経験だったので、最初は心配しましたがインストラクターのかたがずっと一緒に1時間ほど付いてくれるので安心してダイビングをすることができます。餌やりのプランも付いていたので、ダイビング途中で魚に餌をあげるなど沖縄の海を満喫することができたので、かなり満足できました。

海が深くて澄んでいますし、かなり深さもあるのが分かります。ダイビングしながら魚に餌をあげるのは楽しいですし、なかなかこういった機会もないので貴重でした。

ダイビングでは、海への潜り方など指導があり、最初はコツが分からず難しいと感じましたが、次第にスムーズにできるようになったので、とても安心してダイビングを楽しむようになりました。親子3人で沖縄の海を満喫できたので、ダイビングを行って良かったと実感しています。

なかなかこうした機会はないので貴重ですし、ダイビングしながら珍しい魚や綺麗な海を観測することができたので、満足度も高く親子でダイビングは利用して良かったです。

「ダイビングは夏にやるスポーツだ」「寒い冬にダイビングなんてとんでもない」と、思われている方は少なくないでしょう。

しかし、真冬であっても比較的温暖な沖縄の海でのダイビングとなればいかがでしょうか。

陸の上では冬の寒さは厳しいですが、実は海水温というのは冬でも意外なほどに下がりません。

たしかに真夏に比べると水温は下がってしまいますが、沖縄の海なら10月や11月なら25度近く、12月や1月になっても滅多に20度を下回ることはありません。
気温20度を東京の気温に当てはめると、5月の上旬から中旬頃の平均気温にあたります。

人によって体感温度の差はあるものの、スーツを着てのダイビングとなれば十分な暖かさと言えるのではないでしょうか。

また、冬に沖縄のダイビングを勧める理由として観光のオフシーズンであることが挙げられます。

沖縄といえば、日本国内においても独特な文化やいくつもの景勝地があり、一年を通して観光客が訪れますが、夏に比べて冬はオフシーズンとなり観光客が3分の1程度にまで少なくなります。

観光客が比較的少ない冬の時期は、ダイビングの際もゆっくりと海中の散策を楽しむことができるでしょう。

観光客が少ないことによりホテルの予約が取りやすくなることや、冬にダイビングをする際に格安のサービスを行っているショップがあることも見逃せません。

さらに観光客が少ないことで、海の透明度がキレイに保たれるというのもダイビングをする方には外すことのできない理由の一つではないでしょうか。

また、沖縄の海は一年を通して温度差が少なくプランクトンが発生しにくいというのも、沖縄の海が美しく保たれる理由の一つとなっています。

真冬であるにもかかわらず海水温も暖かく、旅行客も比較的少ないためゆっくりと、どこまでも透明で美しい海を満喫できる沖縄の冬のダイビング。

非日常的な刺激を求めて、一度経験をされてみてはいかがでしょうか。

昨年の話しですが、夏休みを利用して沖縄旅行へ家族へ行きました。
これまで沖縄旅行をしたのは、独身時代を加えると4回目でしたが、過去の3回にはなかった事を経験したいと思いました。

家族であれこれと相談した結果、ダイビングをする計画を立てました。うちの夫はダイビング経験者ですはが、私と子供は初のダイビングでした。

ネットで予め予約を入れて、当日に望みました。
私たちがお世話になったところは、ダイビングライセンスがない初心者でも参加ができるコースがあったので、私と子供は超初心者コースを選びました。

一通りのレッスンと注意事項の講習の後に、夫は違うポイントに入る事になりましたが、これまで沖縄亜旅行では体験した事がなかったドキドキワクワク感を感じる事ができました。

ポイントまで連れて行ってもらった後は、インストラクターの指示に従い、水中の中を散歩しましたが、初めてみる、海の中の景色は圧巻で、言葉では言い表す事ができません。
当初は水中の透明度の事はさほど気にかけていませんでしたが、まるで水族館の中にいるようなくらいに水中がきれいで、海の中ってこんなにもキレイで、魚がこんなにも近くにくるんだな~と思うと、高揚感を覚えるほどでした。

初心者のビーチエントリーでしたは、大満足の初ダイビングになりました。
私は小柄なので、ボンベなどをかつげるか?少し不安でしたが、何の問題もありませんでした。
水中の写真も撮影してもらえて、子供との大変貴重なフォトは一生の思い出になりました。

また来年も沖縄旅行へ行くので、絶対にダイビングはスケジュールの中に入れたいと今から思っております。
夫は夫は経験者コースを堪能できたようなので、また別行動をしたいと思います。
インストラクターさんを含めて、フタッフの方がとても親切だったので、沖縄旅行へ行く友人にも紹介をしました。

夏休みの楽しい思い出となった沖縄でもダイビングは最高でした。

有給も余っていたので夏休みを長期で取って家族で沖縄旅行することにしました。自然も豊富で特に沖縄は海が綺麗なので、海を満喫したいと思うようになり、オプションでダイビングをネット予約しました。

旅行の手配はネットで航空券とホテル・レンタカーのセットプランを利用し、家族でダイビングを楽しめるようなスポットとしてけっこう人気がある青の洞窟を利用することにしました。美ら海水族館へ行き、その後は海で泳ぎ、周辺の恩納村の観光ホテルへ宿泊しました。

朝早くダイビングの予約をしたので、レンタカーで青の洞窟まで向かい、そしてプロのダイバーの方がいたので、ウエットスーツへ着替えて、酸素ボンベのつけ方やダイビングのコツなど色々と具体的なアドバイスを受けることができ、実際、海へ入っていきました。

青の洞窟は、かなりのダイビングスポットのようで、もう既にかなりの人数が入っていて、親子から年配の方まで幅広い年齢層の方が沖縄の海を満喫されています。なので、青の洞窟へ行き、海へ入った後は、ダイバーの方が持っていた浮き輪を利用して進んでいき、次第に慣れてきたら手を話して下に潜るようにしました。

コツをつかんだら初心者でも海を楽しめるようになり、餌をあげるようなプランだったので、途中で青の洞窟から周辺の海をダイビングしている時に魚と遭遇し、手元にあった餌をあげました。

普段はみかけないような魚が多々いるので楽しく、大自然の海を満喫できたので、沖縄旅行をしてよかったと実感しています。

こうした自然を満喫できるような機会はあまりないですし、青の洞窟など大自然の中でイキイキとダイビングしながら澄んだ海の綺麗さを体感できるのは、嬉しく感じました。沖縄の海は綺麗なので、快適に過ごすことができ、そして親子でダイビングを楽しめるプランも多々あるので、自然を満喫するには良い機会だと実感しています。

初心者でもスムーズにダイビングを楽しめるので、オプションで追加するのも良い案です。

ゴールデンウィークに家族で沖縄旅行に行き、恩納村の真栄田岬にある青の洞窟体験ダイビングツアーに参加しました。
妻は船酔いするため、娘と二人で行くことにしました。

旅行前に調べて、ホテルのアクティビティーではなく、地元のダイビングショップのツアーに参加することにしました(2人で、1万5千円くらい)。

ツアー内容は、近くの漁港から船で青の洞窟近くまで練習がてら泳ぎ、青の洞窟を体験して、船に戻る前に魚のエサやり体験をするものでした。日中のツアーは予約がいっぱいで、朝7時からのツアーとなりました。

娘も私もダイビングは初体験、加えて朝7時のツアーでしたので、起きられるかの心配も加わり、前日は緊張してよく眠れませんでした。

しかし、当日は無事5時半に起床し、娘と二人で緊張しながら集合場所に行ってみると、とても愛想の良いガイドさんでとても安心しました。

しかも私たちのほかは参加者がおらず、貸し切り状態でした。
マンツーマンで準備と道具の使い方、注意事項などをレクチャーされて、いざ出発。
ガイドさんによると、青の洞窟は朝一が水質もよく美しいとのことで、期待に胸を膨らませながらクルージングを楽しみつつポイントに到着。

ガイドさんが手取り足取り教えてくれながら水に入り、実際に呼吸や潜る練習をして青の洞窟に向かいました。

慣れないながら娘と二人で必死でガイドさんについて行き、いざ洞窟に入ると水面から水中まで見事に青く輝き、青色に包まれた洞窟は、息するのも忘れるくらいの美しさ。
水は青く透き通り、底を泳ぐ魚がよく見えました。

あっという間に時間は過ぎ、後ろ髪引かれる思いで船に戻る途中に魚の餌やり体験となり、ガイドさんから魚の餌が配られました。

魚はとても人に慣れていて、餌を受け取った途端に寄ってきました。
ツアー前のレクチャーで、エサやりの際は噛み付く魚もいるので注意する旨を聞いていた娘は、おっかなびっくりエサやりしていました(笑)。

ダイビングをする場所と言えば、日本で言うと沖縄はかなり人気のエリアで、こういったところにダイビングを兼ねて旅行を楽しみたいと考えている人は多くいるでしょう。
沖縄に旅行に行って、そこでダイビングをするという人は多くいますが、そういったときには知っておくべきポイントがあります。

それは実際にダイビングをするときの日程で、ここは豆知識として頭に入れておいた方が良いのです。

ダイビングをするときには旅行の最終日じゃない方が良いと言えるのです。
旅行の最終日というのは、自宅に帰る日ということになるので、飛行機を利用することになります。

そのときに知っておいてほしいことがあるのですが、ダイビングをしてからすぐに飛行機に乗ると減圧症という症状が出る可能性があります。

ダイビングは海の中を潜るので、水圧の影響を少なからず受けますが、身体がそういった圧を受けた状態で飛行機に乗り、減圧状態になることでこの減圧症は発生します。
減圧症は少なからず体調に変化をもたらすので、避けた方が良いのは言うまでもありませんけど、そういった症状にならないためにはダイビングをしてから時間を空けて飛行機に乗った方が良いのです。

最低でも半日は空けた方が良いとされているので、ダイビングをしたその日に飛行機を利用するといったケースは避けた方がより安全ということになります。

だから、帰宅を予定している日、つまり最終日にはダイビングをしない方が良いということになるので、旅行の計画などを立てる段階でダイビングをする日というのはそういった点も重視して考えましょう。

これが沖縄以外の場所、飛行機を使わないでも行ける場所のときには関係ないと言えますけど、沖縄ダイビングをするときには基本的に飛行機を使わないといけない場所なので、こういった制約が出てくるのです。

沖縄ダイビングに行くときどうしても飛行機を使わないといけない状況が出てきますから、そういった点を考慮しながら旅行を楽しんでほしいです。