コンテンツへスキップ

沖縄ダイビングは旅行の最終日にやらない方が良い

ダイビングをする場所と言えば、日本で言うと沖縄はかなり人気のエリアで、こういったところにダイビングを兼ねて旅行を楽しみたいと考えている人は多くいるでしょう。
沖縄に旅行に行って、そこでダイビングをするという人は多くいますが、そういったときには知っておくべきポイントがあります。

それは実際にダイビングをするときの日程で、ここは豆知識として頭に入れておいた方が良いのです。

ダイビングをするときには旅行の最終日じゃない方が良いと言えるのです。
旅行の最終日というのは、自宅に帰る日ということになるので、飛行機を利用することになります。

そのときに知っておいてほしいことがあるのですが、ダイビングをしてからすぐに飛行機に乗ると減圧症という症状が出る可能性があります。

ダイビングは海の中を潜るので、水圧の影響を少なからず受けますが、身体がそういった圧を受けた状態で飛行機に乗り、減圧状態になることでこの減圧症は発生します。
減圧症は少なからず体調に変化をもたらすので、避けた方が良いのは言うまでもありませんけど、そういった症状にならないためにはダイビングをしてから時間を空けて飛行機に乗った方が良いのです。

最低でも半日は空けた方が良いとされているので、ダイビングをしたその日に飛行機を利用するといったケースは避けた方がより安全ということになります。

だから、帰宅を予定している日、つまり最終日にはダイビングをしない方が良いということになるので、旅行の計画などを立てる段階でダイビングをする日というのはそういった点も重視して考えましょう。

これが沖縄以外の場所、飛行機を使わないでも行ける場所のときには関係ないと言えますけど、沖縄ダイビングをするときには基本的に飛行機を使わないといけない場所なので、こういった制約が出てくるのです。

沖縄ダイビングに行くときどうしても飛行機を使わないといけない状況が出てきますから、そういった点を考慮しながら旅行を楽しんでほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です